筋トレ

質の高いトレーニングを!筋トレの集中力を上げる方法3つ

筋トレへの集中

クオリティの高い筋トレをやるには、集中力が何よりも大切です。

意識を散らしながらのトレーニングだと、どうしても挙げられる重量や回数が減ってしまい、力も100%出し切ることができません。

そのため筋トレ効率を上げる=集中力を上げるといっても過言ではないでしょう。

では、どのように筋トレ時の集中力をあげれば良いのでしょうか?

今日からすぐに実践できる、簡単な集中力の上げ方についてご紹介していきます。

集中力を手軽に上げる3つの方法

集中力を根本的に上げたいのであれば、集中の訓練をする必要があります。

ですが、その訓練で集中力を鍛えるには時間がかかりますし、途中で諦めてしまう人も出てくるでしょう。

そこで今日からすぐに、かつ簡単に行える集中力の強化法に絞ってご紹介します。

今日ジムに行く前に試してみてください。

スマホを見ない

まず最初の1つ目は、「スマホを筋トレ中に見ない」という方法です。

スマホは僕たち現代人には欠かせない、大切な情報端末になっています。

逆に言えば、スマホを持ったまま筋トレをしていると、どうしても意識を何割かはそちらに割かれてしまうのです。

普段やっているスマホゲームやTwitter、インスタグラムやフェイスブックなど、近くにスマホがあるだけでそれらに意識が向いてしまうのです。

ですので、一番の解決法はスマホをロッカーに入れたままでトレーニングをすること。

物理的に触れない状態であれば、スマホに意識が向くことなく筋トレに集中できます。

トレーニングメニューや記録などをスマホのアプリやメモ帳でやっているという人も、この機会にノートでの記録に切り替えてみてください。

たしかにアプリでの記録は便利ですが、それでトレーニング効率が下がってしまっては本末転倒。

質の高いトレーニングをするためにも、スマホは筋トレ中はお休みするようにしましょうね。

カフェインを摂取する

身体の中から集中力を強化する、という点ではカフェインの活用がおすすめです。

カフェインは集中力を高める効果があるため、プロのボディビルダーにも愛用者が多いです。

また集中力強化や脂肪燃焼の効果を期待して、カフェコーナーを設置してあるジムもよく見かけます。

これが更に本格的になると、無水カフェインやカフェインサプリメントで摂取するという人もいるほど。

摂り過ぎは自律神経のバランスを崩したり、胃を痛めるなど弊害がありますので、飲み過ぎに注意しながら飲むようにしましょう。

また夜のトレーニング時に飲んでしまうと、その後の睡眠にも悪影響を与えてしまいます。

カフェインを摂るのはお昼のトレーニングまでにしておいてください。

イヤホンで外部の音をシャットダウンする

最後に物理的に集中させる方法で、イヤホンで大きめの音量で音楽を聞きながらトレーニングをするという方法。

これは人の話し声や雑音などをカットし、自分の世界に集中するという点で非常に効果的です。

またその際に流す音楽をEDMなどテンション高めの英語曲や歌が入っていないインスト曲にしておくと尚良しです。

日本語の歌だと、歌詞に意識がいってしまう可能性があるので、なるべくしっかり理解できていない言語の曲のほうがいいです。

テンション高めの音楽であれば、モチベーションも上がり元気にトレーニングすることもできます。

他人の話し声などは何気に意識を散らす原因になってしまいがちなので、それをシャットダウンできるというのはメリットが大きいですよ。

このように、集中力自体を鍛えなくても、ちょっとしたテクニックで集中力を高めることはできます。

せっかくなので、これらの簡単な手法を活用して、質の高い筋トレを繰り返していきましょう!